神奈川でキャリパー塗装についてお悩みならTony Works

お問い合わせはこちら 中古車はこちら

神奈川でキャリパー塗装についてお悩みならTony Works

神奈川でキャリパー塗装についてお悩みならTony Works

2021/06/13

オリジナルロゴの作成もキャリパー塗装もTony Works

レクサスRX 450hキャリパー塗装施工

久しぶりの更新です。

忙しかったからしょうがないとついつい弱い心に負けてブログの更新が疎かになってしまいます。

頑張って更新していかなきゃ。

では今回はレクサスRX 450hのキャリパー塗装をご紹介します。

弊社ではキャリパー塗装に関して二通りの施工方法があります。一つはキャリパーやマウントを外し吹き付け塗装をする方法。これは市販されていないカラーを調色して施工することができることと隅々まで塗るので仕上がりも綺麗です。ただお値段と納期がかかります。

もう一つの方法は基本的にブレーキの分解はせずハケ塗りをする方法。

こちらは選べるカラーに限りがありますが比較的リーズナブルな価格帯でご提供できるというのが魅力。

基本的には耐熱塗料を使用しているので黒、赤、黄色、ゴールドなどの中から選んでいただく形になります。

8割の方は赤を選択されますね。黄色は中々色が乗らずかなり苦労しました。

オリジナルロゴの作成

キャリパー塗装をする際ロゴも一緒に施工するとより格好良さが増します。弊社ではオリジナルロゴの作成やTOYOTAなどメーカーロゴもステッカーにて製作し施工をしております。

今回はひらがなでレクサスとロゴを入れたいとこことで何度も打ち合わせをしフォントなどを決めました。

これが意外と時間がかかるんですよね。打ち合わせをするたびに試作品を作って確認していただいたり、イメージ画像を作って確認していただいたりと内容によっては二週間以上かかることもあります。

作業日程は余裕を持ってご予約ください。

はけ塗りをすると言ってもかなり細かいところまで塗るので仕上がりも綺麗です。特に赤は色のりもよくムラになりにくいです。

こんな感じで何度も重ね塗りをし、ステッカーを貼ったら最後にクリアをふいて終了。

未だ黒って塗ったことないんですよ。誰か黒のオーダーください。

こんなのできますか?と言ったご相談も承りますので一度ご相談ください。

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。