GRヤリスカスタムの定番フルラッピングなら横浜を中心に活動するTony Works

お問い合わせはこちら 中古車はこちら

GRヤリスカスタムの定番フルラッピングなら横浜を中心に活動するTony Works

GRヤリスカスタムの定番フルラッピングなら横浜を中心に活動するTony Works

2021/06/19

GRヤリスフルラッピング施工

GRヤリスのカスタムならTony Worksにお任せ

今回はトヨタGRヤリスハイパーオーマンスのフルラッピングカスタムについてです。

施工写真等をたまにTwitterにもあげているんですが、この写真のインプレッションが18,000を超えました。やはり今多くのGRヤリスオーナーや車好きの方々が注目している一台のようですね。

弊社は横浜を中心に神奈川近県での施工を承っておりますので神奈川近県にお住まいの方もお気軽にお問い合わせください。

 

今回のカスタム内容について

今回使用したのはAvery Dennison サテンダークバサルト

先日もポルシェカイエンフルラッピングにも似た色のフィルムを使用しましたが人気のカラーになります。

よくマット色でのラッピングのお問い合わせをいただきますが、私はサテンをお勧めいたします。

なぜかというとマットフィルムは他のフィルムに比べ耐久性が少し悪いのではないかと思っているからです。これは保存状況やメンテナンスの有無で変わるので一概には言えませんが出来る限り長くお使いいただきたいからです。

また、ヤリスのようなボディー形状をした車にサテン系のフィルムを使うとフェンダーなどのR部分で光沢が出て高級感もプラスされるからです。

今回の車両はファーストエディションではないのでルーフにはカーボン調のフィルムが施工されています。

オーナーはそれが気に入らないとのことでSTEKカーボンブラックPPFをカーボンフィルムの上から施工しました。

本当は表面がツルッとしている方が綺麗に見えるんですが。

このフィルムは信じられないくらい高いんですがプロテクションフィルムなのでかなり強靭なフィルムです。艶感もすごくもう少し金額が安くなったらお問い合わせも増えるのではと期待している商品です。

ルーフはマーブル柄のカーボンなので表面に凹凸がありメラメラしているように見えてしまいます。

写真では伝わりにくいですが光沢がすごいですね。

あまり作業中の写真を撮れませんでしたがかなりいい仕上がりになったと思います。カラーサンプルは何百種類もあるのでご興味のある方はご連絡ください。

DUCATI XディアベルSガソリンタンクラッピング

DUCATI XディアベルSガソリンタンクラッピング

BMW M4フルラッピング施工

BMW M4フルラッピング施工

アウディTTクーペ

アウディTTクーペ

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。